FC2ブログ
10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

あなたのために…

2018/11/15
「あなたのために…」 
みなさんはこの言葉をどんな時に使いますか。

相手への愛情の気持ちが込められた素敵な言葉であるかと思いますが、
注意深く考えてみると、とても危険な言葉であることに気付かされます。

あなたの幸せの為、あなたが不幸にならない為、
あなたの健康の為、あなたが嫌な思いをしないようにと…

その言葉が発せられた時、
私たちは、あなたと私について、
物事についての「考え」や「捉え方」、「感じ方」が違うかもしれないことに、
まるで疑いを持っていないと言えないでしょうか。

あなたのため…は、実は私の価値観を無意識に、
相手に押し付ける言葉であったりするのです。

最近友人と話をしていた時、
「このままだとAのためにならないと思ってね」
と、つい言ってしまい、友人から
「今の時代、そう決めつける必要はないんじゃないの」と言われ、
はっとしました。

確かに、今のままで後々どうなるかなんて、
誰にも分かりません。
それが肯定的な方向性になるか、後ろ向きになってしまうのか…
果たして、後ろ向きではいけないのか…
今のAの在り方が今後の人生にどういう意味を持つのか。
「Aのために…」には、私の「こういうAになって欲しい」という姿への誘導が隠されていました。

そして、以前イチローが
自分は「チームのために戦うのではなく、
大切にしているのは”思い”だ」と語ったインタビュー記事を読んだことを思い出しました。

イチローは続けて、「誰かを”思い”何かをすることには、見返りを求めることもなく、
そこには愛情が存在しているから不幸な結果になることが少ないように思う」と続けていました。

「あなたの為に…」と言ったり、言いたくなった時、
「あなたを思って…」と言い換えてみたら、どんな感じがしますか。

私は、言い換えてみた時、
「やはりあなたの為っていっても、結局は私の為と同義なんだなぁ」と妙に納得してしまいました。

HK




19:00 未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)

お福分け

2018/10/26
最近はだんだんと肌寒くなり、季節の移り変わりを感じる気候になってきましたね。

普段私はあまり休日に外出しないのですが、だいぶ過ごしやすくなったのもあり
先日友人と食事やウィンドウショッピングに行きました。
カフェでランチをしながらお互いの近況について話をしたり、
ショッピングモールで色々なものを見て回りました。


そこでふとペットショップが目にとまり、入ってみることにしました。


一般的なところは一つのケージに一匹ずつ犬や猫が入っていることが多いですが
そのペットショップは一つのケージが大きく、2匹が一緒に入っているケージもありました。

子犬がお互いの身体を寄せ合いながらすやすやと気持ちよさそうに寝ている姿や
かと思えば他のケージでは遊んでいるのか、楽しそうに吠えながらじゃれている子犬
自分も仲間に入れてほしいのか、じゃれている子犬をうらやましそうにみている子犬
全く目にも留めずにひたすら水を飲もうと奮闘している子犬、
我関せずといった様子で気の向くままにおもちゃで遊んでいる子猫…


たくさんの犬と猫の愛らしい姿ももちろんとても可愛くて癒されるのですが
休日ということもあり、お子さんを連れたご家族もたくさんペットショップには来ていました。


犬と猫の愛らしい姿を見たり触ったりしてお子さんが可愛いと言って笑顔になっている
その笑顔を見て、親御さんやおじいちゃん、おばあちゃんも微笑んでいる
そして、ペットショップの店員さんも笑顔になっている



そんな光景を見て私もほっこりと温かい気持ちになり
自然と笑みがこぼれ、幸せな気持ちになりました。


笑顔にはNK(ナチュラルキラー)細胞という身体に悪影響を及ぼす物質を退治する細胞を活性化してくれる効果や
幸せの脳内ホルモンと呼ばれるエンドルフィンが分泌される効果もあります。



休日に外出をしたことでたくさんの
“笑顔と温かい気持ちのお福分け”
をいただいたような気がしました。



みなさんも過ごしやすくなってきたこの時期にぜひ
ご自分だけの“福”を探してみてはいかがでしょうか。


R.O
13:33 生活 | コメント(0) | トラックバック(0)

大切にしたいことは?

2018/10/01
『小さな村の物語 イタリア』というBSの番組をご存じですか?
私はこの番組が好きでよく観ています。
そのタイトルの通り、イタリアの小さな村に住む村人の
日々の生活をドキュメンタリーで撮影した番組です。
登場人物は毎回違っていて
早起きして食事を作るおばあちゃんや
チーズ作りに励む兄弟や
靴職人のおじいちゃんなどさまざまです。
彼らが自然の中でゆったりと暮らす様子を見ていると
こちらも心が和んできます。

番組の中で自分が大切にしていることを語る場面があります。
「家族においしいものを食べさせたい。」
「村人といっしょに生きていきたい。」
「必要とされる限り仕事を続けていきたい。」
「この美しい村を守っていきたい。」
大切にしたいものはそれぞれ違っていても
みなはっきりと語るのが印象的です。

番組を見ていて
そういえば私は何を大切にして生きたいのだろうと
ふと思ったことがありました。
そのときの私はいつも時間に追われていて
そういうことをまったく考えていませんでした。
少し時間を取って考えてみると
「おだやかな気持ちで暮らしたい。」
「身近な人たちと心を通わせていたい。」
ということが浮かんできました。
すると、心の軸が一本すっと通った感じになり
すっきりとした気持ちになりました。
そして、ほんのちょっとだけですが
家族にやさしい言葉かけが増えました。

自分が大切にしたいことって、大切なことなのに
それを忘れていることが多いのかもしれません。
今はこの番組を観るたびに
自分が大切にしたいことを思い出すようにしています。
みなさんも自分が大切にしたいことを
たまに思い出してみるのはいかがでしょうか。

M.M.
15:33 生活 | コメント(0) | トラックバック(0)

「我が家の猫たち」

2018/09/18
3匹の猫とともに生活をしている

共に人生を生きぬいている老猫「強気のチョピちゃん」
20年前、大学教授の家から2匹頂いてきた1匹である。
1匹だけの予定だったが、その大きなお庭・大きなお家には10数匹の猫と1匹の大きな犬がいた。
知らないうちに6匹の猫が生まれたとの事。一人2匹貰ってください。と決められていた(知らなかった~~)
真っ白な猫「ゆきちゃん」と「チョピちゃん」を頂き、かごに入れ我が家に運んできた。
その直後に大学教授宅から持参金?【猫の餌からトイレグッズ一式等】が山ほど届けられた。

そして12年が経ち、太めの「ユキちゃん」は我が娘の結婚式が終わると同時に息を引き取った。
「ユキちゃん」は我が娘を死ぬほど愛していた。そして私はユキちゃんに死ぬほど嫌われていた。
そんな私の腕の中で息を引き取った「ユキちゃん」。
「チョピちゃん」は「ギャ^===」と聞いたことのない雄叫びを一声上げ固まった。
すごーく仲の良い姉妹でもなかったのだが、、、、
そして「チョピちゃん」はうつ病になった。
「ゆきちゃん」のにおいが残っている場所に座ったままうつむいて動かなくなる。
病院へ行ったが薬が出るわけでもなかった。獣医の説教のみ。保険適応なし。

近所の人から「小さい猫を貰って預けると良いよ」とアドバイスがあり、インターネット(猫掲載)で探した。
「貰ってください子猫」を見に行った。私が気にいっていた子猫「テケちゃん」をもらう事になっていた。
その家には子猫が3匹いた。
一緒に同行した娘がどちらかの猫が死んで又鬱になった時の予備に、2匹貰おうと言い出した。
結局2匹頂いてきた。「テケちゃん」と「アポロ」【猫の名前はすべて娘が命名・そしてすべて雌猫・男子禁制】

「アポロ」は幼少期「チョピちゃん」にいじめられた。「テケちゃん」は2匹の猫の間で苦しんだ。
気を使い「チョピちゃん」にスリスリして舐めてもらっている。
そして「テケちゃん」の自傷行為が始まった。首・耳を掻きむしり、血がにじんでいる。
舐め過ぎた手・足には円形脱毛が赤くはれあがっている。
その後「アポロ」は大きくなり「チョピちゃん」に仕返しをするようになった。
もちろん注意するが上手く逃げる「アポロ」。
そして「テケちゃん」は2匹の間で心は揺れ動きストレスが過食になっている。

カウンセラーが付いていながら上手くいかない。
そしてついに「チョピちゃん」が介護生活に入り、老猫を見つめる二匹の猫のこころは?
これからの猫達の行く末はどうなるのでしょうか? 

さてさて、社会で生きる事の大変さ、ストレスは猫社会も同じでした。
ただし人間は考える脳がありますので、ストレスに早めに気付きコントロールしていく事が重要である。

S.O


13:12 その他 | コメント(0) | トラックバック(0)

基本的ことを大切に ~心の栄養~

2018/08/29
友人の一人に、肌がとてもきれいな女性がいます。
いったい何を使って、どうやってお手入れしているのか?
気になって聞いてみました。
 
答えは、
“化粧水だけ、ただしたっぷり使う、最低10回はつける“と
 
  
彼女曰く、
“干し椎茸を戻す時を思い浮かべてみて!何で戻すの?
油じゃなくて水でしょう。だから化粧水なの“と。

 
そう言われてみればたしかにその通り。
カサカサに乾いたものに
いきなり油を塗っても潤いは戻りませんよね。
 
  
では、 
これを「心の潤い」で考えてみましょう。
カサカサに乾いた心に必要なものは何でしょうか?
肌にとっての水のような、基本的なものとは?
 
あまりにも簡単過ぎて
拍子抜けしてしまいそうですが、
 
基本といえばやはり
食事、睡眠、休養、運動です。
 
これらをおろそかにして
乾いた心にいきなり栄養たっぷりの
負荷がかかるようなことをしても
効果はあまり期待できないかもしれません。
  
最近ちょっと心が乾いているかもという方は、
まずは基本的なことを
見直してみてはいかがでしょうか。

M.H.
18:15 メンタルヘルス | コメント(0) | トラックバック(0)
 | HOME | Next »