FC2ブログ
08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

「我が家の猫たち」

2018/09/18
3匹の猫とともに生活をしている

共に人生を生きぬいている老猫「強気のチョピちゃん」
20年前、大学教授の家から2匹頂いてきた1匹である。
1匹だけの予定だったが、その大きなお庭・大きなお家には10数匹の猫と1匹の大きな犬がいた。
知らないうちに6匹の猫が生まれたとの事。一人2匹貰ってください。と決められていた(知らなかった~~)
真っ白な猫「ゆきちゃん」と「チョピちゃん」を頂き、かごに入れ我が家に運んできた。
その直後に大学教授宅から持参金?【猫の餌からトイレグッズ一式等】が山ほど届けられた。

そして12年が経ち、太めの「ユキちゃん」は我が娘の結婚式が終わると同時に息を引き取った。
「ユキちゃん」は我が娘を死ぬほど愛していた。そして私はユキちゃんに死ぬほど嫌われていた。
そんな私の腕の中で息を引き取った「ユキちゃん」。
「チョピちゃん」は「ギャ^===」と聞いたことのない雄叫びを一声上げ固まった。
すごーく仲の良い姉妹でもなかったのだが、、、、
そして「チョピちゃん」はうつ病になった。
「ゆきちゃん」のにおいが残っている場所に座ったままうつむいて動かなくなる。
病院へ行ったが薬が出るわけでもなかった。獣医の説教のみ。保険適応なし。

近所の人から「小さい猫を貰って預けると良いよ」とアドバイスがあり、インターネット(猫掲載)で探した。
「貰ってください子猫」を見に行った。私が気にいっていた子猫「テケちゃん」をもらう事になっていた。
その家には子猫が3匹いた。
一緒に同行した娘がどちらかの猫が死んで又鬱になった時の予備に、2匹貰おうと言い出した。
結局2匹頂いてきた。「テケちゃん」と「アポロ」【猫の名前はすべて娘が命名・そしてすべて雌猫・男子禁制】

「アポロ」は幼少期「チョピちゃん」にいじめられた。「テケちゃん」は2匹の猫の間で苦しんだ。
気を使い「チョピちゃん」にスリスリして舐めてもらっている。
そして「テケちゃん」の自傷行為が始まった。首・耳を掻きむしり、血がにじんでいる。
舐め過ぎた手・足には円形脱毛が赤くはれあがっている。
その後「アポロ」は大きくなり「チョピちゃん」に仕返しをするようになった。
もちろん注意するが上手く逃げる「アポロ」。
そして「テケちゃん」は2匹の間で心は揺れ動きストレスが過食になっている。

カウンセラーが付いていながら上手くいかない。
そしてついに「チョピちゃん」が介護生活に入り、老猫を見つめる二匹の猫のこころは?
これからの猫達の行く末はどうなるのでしょうか? 

さてさて、社会で生きる事の大変さ、ストレスは猫社会も同じでした。
ただし人間は考える脳がありますので、ストレスに早めに気付きコントロールしていく事が重要である。

S.O


13:12 その他 | コメント(0) | トラックバック(0)

基本的ことを大切に ~心の栄養~

2018/08/29
友人の一人に、肌がとてもきれいな女性がいます。
いったい何を使って、どうやってお手入れしているのか?
気になって聞いてみました。
 
答えは、
“化粧水だけ、ただしたっぷり使う、最低10回はつける“と
 
  
彼女曰く、
“干し椎茸を戻す時を思い浮かべてみて!何で戻すの?
油じゃなくて水でしょう。だから化粧水なの“と。

 
そう言われてみればたしかにその通り。
カサカサに乾いたものに
いきなり油を塗っても潤いは戻りませんよね。
 
  
では、 
これを「心の潤い」で考えてみましょう。
カサカサに乾いた心に必要なものは何でしょうか?
肌にとっての水のような、基本的なものとは?
 
あまりにも簡単過ぎて
拍子抜けしてしまいそうですが、
 
基本といえばやはり
食事、睡眠、休養、運動です。
 
これらをおろそかにして
乾いた心にいきなり栄養たっぷりの
負荷がかかるようなことをしても
効果はあまり期待できないかもしれません。
  
最近ちょっと心が乾いているかもという方は、
まずは基本的なことを
見直してみてはいかがでしょうか。

M.H.
18:15 メンタルヘルス | コメント(0) | トラックバック(0)

今年の夏

2018/08/01
今年は梅雨が短く、「異常な暑さ」、「猛暑」、「熱中症」という言葉
を良く耳にします。体温を超えるような最高気温、続く熱帯夜など
データとしても例年を超えているようであり、実際に自分の体感と
してもかなり暑い気がします。
このように暑い夏にみなさんは暑さ対策をどのようにしていますか?

私の暑さ対策としては
・保冷剤で首を冷やす
・少し冷たいシャワーを浴びる
・氷をかじる
・冷えたところを探して床を転がる
・汗をかくので着替えを持っていく
・水分を取る
・エアコンを無駄なく使う
⇒設定温度は高めにして、サーキュレーターで空気を流す
⇒家族同じ部屋にいる(一つの部屋のみエアコン使用)
⇒ショッピングモールや図書館など涼しいところに出かける。

などです。これは私の方法なのですが、世の中には暑さ対策グッズ
がかなり売られているみたいですね。

大きくは瞬間冷却材、水に濡らすと冷えるタオル、冷却スプレーなど
の実際に冷たくなるものとひんやりシーツ、ハッカ油、風鈴など冷たく
(涼しく)感じるものの2通りがあるのかなと思います。
日常が快適になるのであれば、このようなものも使ってみてもいいの
かもしれませんね。

みなさんも熱中症や体調不良にならないように気をつけてこの暑い暑い
夏を乗り切りましょう。

G.M

15:42 未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)

アゲハチョウとモンシロチョウ

2018/06/22
梅雨に入り、雨が降る日が多く、蒸し暑い日が続いていますね。

そんな梅雨の合間の晴れ間に、先日、アゲハとモンシロチョウの蝶を数匹、見かけました。
最近ではあまり見かけることはないので、改めて蝶について調べてみました。

アゲハとモンシロチョウは日本ではもっともなじみの深い蝶の一つで、
4-10月までの間が活動時期となっています。
緑に関係なく、どこでも見かけることができる種類のようです。

蝶には、左右対称で、その各端が広がっている形状を、
蝶が羽を開いた姿に例えて呼ぶことがあり、
「蝶ねじ」「蝶番」「蝶ネクタイ」「蝶結び」などということばがあります。
左右対称なことをシンメトリーと言いますが、
何事もバランスが取れていることがいいということを表しているのでしょうか。

私たちの考え方においても、~をしなければならないといった考え方や
物事に白黒をつけようとする考え方は、認知の歪みといって、
誇張的で非合理的な思考パターンで、ネガティブな思考や感情を
想起しやすいということになりがちです。蝶の形状ように、
バランスの取れた考え方をしていきたいものですね。


5050



YO

15:04 未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)

コミュニケーション能力って?

2018/05/15
『コミュニケーション能力』っていうことば、いつからこんなに使われるようになったのでしょう?
企業が求める人材として挙げる条件の中にも、「コミュニケーション能力が高い人」というのがよく見られますが、『コミュニケーション能力が高い』とは、どういうことなのでしょう?
『コミュニケーション能力』って、具体的にどんな能力なのでしょう?

大学生など若い人たちにとって、コミュニケーション能力は生きていくために最重要と言ってもいいスキルで、「コミュ障」などというレッテルを貼られることは彼らが心底怖れること――少々大げさかもしれませんが、そんな空気を感じます。
そして、その「能力」とは、初対面の相手にもすぐ打ち解けられるとか、場の空気を壊さない、だけでなく場を盛り上げることができるとか、誰とでも仲良くできるとか・・・?

内気で、自分からはなかなか話しかけられない。
面白い話をして人を笑わすことができない。
これらは、「コミュニケーション能力が低い」と自負する(?)人の多くが挙げることです。
でも、ハキハキ物怖じせず誰とでも話せる人がいる一方で、自分からは声をかけるのが苦手な人もいて当たり前です。むしろ、そういう人の方が多いのではないでしょうか。
そして、面白い話をして笑わせてくれる人は素敵だけれど、その話を聴いて笑ってくれる人が(笑わせる方よりもたくさん)いなければ、座は盛り上がりません。

そう考えると、『コミュニケーション能力』の中の「発する力」ばかりがもてはやされていて、「受ける力」の方がちょっと忘れられている、そんな気がします。
むしろ「受ける力」の方を専門に磨いてみる、それもいいのではないでしょうか。

もちろん、自分からどんどん人の輪の中に入っていけて、誰とでもうまく付き合い、それでいて自分の意見をはっきり主張できて・・・というのは理想的です。
ただ、皆が皆、そうできるわけではないし、そんな人はむしろ奇跡。

『コミュニケーション能力』が高くなければ、という呪縛、ちょっと解いてみませんか?

S.T.
20:16 その他 | コメント(0) | トラックバック(0)
 | HOME | Next »