01月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728≫03月

平昌オリンピック

2018/02/14
いよいよ始まりましたね。

私も熱烈な観戦者かというとそこまででもないのですが、平昌は日本と時差がない
こともあって見やすい時間帯にやっていることもあり、競技をやっていればつい観て
しまいます。

あまり聞きなじみはなかったのですが平昌は韓国北側のリゾート地で韓流ドラマ
の火付け役「冬のソナタ」のロケ地としても有名みたいです。

つい観てしまうと言いながらも前回大会で悔しい想いをした選手、大きな怪我を
乗り越えた選手など様々なドラマがあり、そのことを考えならが観戦すると熱が入り、
手に汗を握ってしまいます。

今までの競技で感動的だったのはスキージャンプの高梨沙羅選手ですね。前回大会
の4位から今回は強いライバルが出てきてワールドカップ今季優勝なしで臨みましたが
、見事銅メダルをとりました。そしてその二回目ジャンプを終えたときに駆け寄って抱き
ついて祝福した伊藤有希の姿にも感動しました。伊藤選手は前回のソチ後「またここに
戻ってこよう」と高梨選手を励まし、自身も地道に練習を重ね最近力をつけてきたものの
今回は前回を下回る結果に「悔しい」と言いながらも高梨選手を祝福する姿は目頭が
熱くなりました。

一人一人が持てる力を存分に発揮してくれればと想いながらもやはり日本人選手の金メダル
を期待してしまいます。一番注目されている羽生結弦選手、一番金メダルに近いと言われる
小平奈緒選手、ノルディックスキー複合の部暁斗選手にも期待をしています。

このようににわかでミーハーな私ですが、皆さんはどのような観点でどの競技のどの選手に
注目していますか?

G.M

16:41 未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)

子どもたちから学ぶこと

2018/01/06
子どももおらず、かわいい甥っ子や姪っ子がいつのまにか20代になってしまっていた私にとって、
小さなお子さんと接するといえば、もっぱら年下の友人の子どもです。

この冬休みのスキー旅行では、2歳の男の子と5歳の女の子が一緒でした。

行きの車の中で子ども達は、「ねえ、雪を沢山集めるから「かまくら」作って」とか
「スキー履いてお母さんと滑るの」とか、「どのお山に行くの?あれ?」とか、
彼らが想像できうる限りの一番大きいスケールで、旅行がどれだけ楽しみかを語ってくれていました。

そして、実際に雪山に着いたら大興奮で暗くなるまで雪で遊び、
その後大きなお風呂に入り、みんなでご飯を食べ、眠くなるまで遊び、
大満足な3日間を過ごしました。

子どもたちを見ていて感じたこと、

滑りたいから滑る、
食べたいから食べる、
眠くなったから寝る、

彼らの中で、「明日の疲れ」なんて言葉はどこにもないし、
「今おやつ食べたら晩ご飯が食べられなくなる」なんて考えないし、
「疲れてるけどまだ時間が早いから寝ない」なんて考えないし、
正に「今、ここ」でのことしかない。


昨今、マインドフルネスという言葉が浸透してきています。
「今、ここに全身全霊意識を向ける」という考えをベースとし、
宗教的な要素を排除した瞑想法で、
意図的な評価や判断、恐怖や不安とは無縁に、現実をあるがままに受け入れることで、
自ら生み出しているストレスから距離を置き、
自分自身の静かな中心を見出していこうとするものです。

大人になると、つい過去のことや未来のこと、そして利害を優先して考えてしまい、
「今、ここ」を忘れがちです。

私も、マインドルフネスの概念は理解してはいたものの、実践できていませんでしたが、
屈託のない子どもと接することで、まさに「今、ここ」とは
この子達のやっていることではないのかな、と思い至りました。

瞑想することはなくても、今の自分を判断や批判なく認識すること。
時に童心に帰って目の前のことのみに集中する、
ストレスから距離を置き、そうしている自分を意識することが、
これからの生活の中でも大切だ、と改めて感じさせられたのでした。

100


(S.S.)

17:48 未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)

血液型性格診断

2017/09/13
血液型性格診断を信じますか?

先日、もうすぐ1歳になる娘の血液型が検査で判明しました。
その日の夜の会話なのですが
妻「検査受けてきたんだけど血液型何型だと思う?」
私「俺がAで○○(妻)がBだからすべての可能性があるのか・・・」
妻「Bだったんだよ」
私「そうなんだ、Bか~」
妻「嫌じゃない?」
私「へっ?なんで?」
妻「Bって印象良くないから、私もいろいろ言われたし自己中、
  時間にルーズ、トラブルメーカー・・・」
私「あまり信じないけどね。それは血液型ではなく単に○○
  の性格(しまった!)・・・」
妻「・・・(怒)」

このようなことがあって少し血液型性格診断について調べてみました。

・300以上の論文で血液型性格診断には根拠がないという結果がでている
・それでも約6割の日本人は信じている
・海外ではあまり信じられていない(そもそもない)
・信じられた主な理由は面白かったから
・少数であるB、ABがあまり良く思われないことが多い
・血液型と性格の関連はないが、「あなたはAだから几帳面」と何度も
 刷り込まれることによって性格に影響がでる可能性がある
・ブラッドタイプハラスメントとして社会問題になったこともある

というようなことでした。

血液型性格診断はみんなが楽しくその話題で盛り上がれれば、それを
あえて否定して雰囲気を悪くする必要はないと思いますが、そのことで
嫌な思いをしている人がいる、先入観で人の性格を決めつけてしまって
いるのであれば注意が必要かなと思いました。

J.M
16:40 未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)

カエルを食べてしまえ!

2017/08/24
2002年に発売された自己啓発の本、
「カエルを食べてしまえ」、読んだことありますか?
その本では、重要な仕事を見極め、
その中で一番難しい仕事(カエル)から取りかかれば、
後はすっきりご機嫌に1日を過ごすことが出来るとかかれています。

私にとって最も難しく重要な仕事は
取りかかっても終えるのに時間が掛る仕事のこと…
時間がある時にやろうと、延ばし延ばししている内に、
時間に余裕がなくてもやらなきゃいけなくなり、
そんな中やったその仕上がりに余計「嫌な仕事」となって、
また次の機会にやらなくてはいけなくなっても
延ばし延ばしになってしまう…悪循環なのです。

頭では考えずに「まずはカエルを齧ることが大事」と分かっちゃいるけど、
カエルを齧ることこそ、本当に難しいことです。

今回久々にこの本のことを思い出したのは、
自己分析の為のセッションで、
最近のストレスについて確認していった時、
「あっ、私、”嫌なことをやる”ことがストレスなんじゃなくて、
”やらなきゃって思っている時間が増えていくこと”がストレスなんだ!!」と気がついたのです。

だらだらするのが大好きで面倒くさがりの私は、
全てにおいて、後回しにしがち…新しいカエルが次々生まれて、
頭の中は「カエルをやらなきゃ」で充満してしまうのです。
実際に想像してみると、すごくシュールで精神衛生に悪そうですよね。

かえる
せっかく洞察されたこの教訓、
「やらなきゃ」が浮かんだ時はまずは取りかかるように意識しています。

…でも面倒くさい…

次回のセッションではもしかしたら
「やっぱりやらなきゃをやることがストレス!!」になっているかもしれません。
その時はまたこのブログで続きを書きますね。

(HK)
20:11 未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)

小さな幸せに気付くこと

2017/04/26
小さな幸せに気付くこと

このブログを書こうと思ったときに他のカウンセラーが書いた
ブログの内容を読み返していて気付いたことがあります。

皆さん感受性が豊かというか普段私が目が届かないような
ところに目が向いているなと思いました。

特に4月は新年度始まりで忙しく、視野が狭くなっている
ような気がして、日常の幸せを見つけにくくなっている気が
します。

草花が綺麗なこと、乗り換えが順調にできたこと、好物を同僚
がこれは絶品だから食べてみてくれと買ってきてくれたこと、
上司が相談にのってくれて問題が解決にむかっていること
、スーパーでお弁当が50%引きで買えたこと、妻が仕事を労う
言葉とともに食後にプリンをくれたこと、面白いテレビが観られた
ことなど昨日、今日だけでもいくつかは思い出すことが出来ました。

しかし、その場ではなかなか良いことがあったとは思えても、
しみじみと幸せだなとは感じられていなかった気がします。

このようなことをもう少し意識して幸せだなと思えて、それを与え
てくれる環境や周りの人に感謝が出来れば日常の嫌なことや腹
が立つことなどを少し飲みこむことができるのではないでしょうか。

これから大型連休もありますが、1日くらいはゆったりと小さな幸せ
を感じながら過ごせたらいいかなと思っています。

J.M

18:25 未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)
 | HOME | Next »