FC2ブログ
11月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫01月

なぜ私は山に登るのか

2019/10/10
20180804_1800444.jpg

友人の誘いで気軽に始めた山登りでしたが、
知らないうちに今の私にとって欠かせない趣味となっています。

なぜ私は山に登るのか…

時折、人に聞かれるのですが、私にもよく分かりません。

山登りは
自分の身体を使って、登って下って、疲れるだけ…
命の危険すらある、
本当に非効率かつ非生産な営みです。

山の天気は変わりやすく、
天気予報では雨であっても、
意外に晴れていたり、
逆に予報は晴れであっても、
標高があがってくるにつれて、
真っ白な雲の中をただただ歩く破目になったり…
期待を裏切られることは避けられません。

時に大雨と強風で、身体が飛ばされそうになりながら、
寒さで凍えそうになりながら、
何時間も歩くことになったり、
まるで罰ゲームのような山行になることもあります。

宿泊の山行だと、荷物も重いです。
お風呂にも普通は入れません。
トイレも衛生的とはいえません。
日常生活の快適さを放棄しても良いと思えるような、
私は山から何を得ているのでしょうか。

人知れず咲く山野草や、
目の前に広がるダイナミックな景色とその変化
…圧倒的な美しさに触れられることは、
甘美な時間であるといえるのかもしれません。

標高の高い厳しい登山では、
気づくと呼吸も苦しくなり、危険が伴う岩場を進みます。
自らの身体の限界を見極めていく緊張と弛緩…
進みたくても「これ以上進んではいけない」と直感に従って撤退することを、
「勇気」ととるか、「無力」感や「挫折」と受け取るのか…

自然は、時に本当に残酷です。
「生きる」ことの選択や「生かされる」ことを意識します。
下山した後「今回も無事だった」と実感する瞬間があります。

今週末は紅葉を見にいく予定でしたが、
台風19号が直撃の予報…。
大きな被害が出ないことを祈ります。

(HK)

















12:54 未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)

ペーパードライバーを卒業

2019/07/18
若い頃に車の免許を取ったものの、
長年、運転をしないまま免許の更新だけをしてきました。
こんなとき運転できたら、と思うことがあり、
「運転しよう」と思い立ちました。



とはいえ、運転の仕方をきれいに忘れてしまっていたので、
教習所のペーパードライバーコースに申し込むことにしました。
最初に教官から、「じゃエンジンをかけてください」と
言われたのですが、何をどうするのか忘れていて、
数秒ほど固まってしまいました。
このコースではよくある場面なのか、
教官は固まった私のほうは見ずに説明を始め、
そんな気まずい雰囲気で講習はスタートしました。
覚悟はしていたものの、ハンドルの持ち方、目視の仕方、
曲がり方、停止位置、曲がるタイミング、車間距離など、
次から次へと注意されてしまいました。
運転のこととはいえ、たびたび注意されるというのは、
ちょっとへこむ経験でした。



一人で運転するようになってからは、
近場から少しずつ距離を伸ばしていくようにしました。
そのかいあって、今ではずいぶんと運転に慣れてきました。
郊外の大型スーパーやホームセンターにも行けて、
大きな荷物の買い物もできて、生活が便利になりました。
そうした生活面の変化に加えて、心理面でも変化がありました。
大げさな表現かもしれませんが、自分の世界が広がった感じがして、
気持ちが少しのびのびと元気になった感じがするのです。



ふだんと違う体験に一歩踏み出していくというのは、
居心地のよいことばかりではありませんが、
自分の世界も広がり、自分の感覚も広がり、
新鮮なエネルギーがめぐる感じがするものです。
皆さんもやってみようかなと思われることがあれば
トライしてみてはいかがでしょう。


M.M.
12:46 未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)

「日本精神神経診療所協会・学術研究会に参加してきた」

2019/06/28
はやりの「ADHD」についての演目
千葉大学医学部附属病院・こどものこころ診療部
「 佐々木 剛先生」の発表、素晴らしかった。

子どもの発達障害の診断基準が明確に示されていて、とても分かりやすかった。

子供たちへの係わり・親への係わり方の重要性を話されていたが

先生の診察風景が手に取るように伝わったと共に、優しさが心にしみわたった。

子どもの発達障害を診る一押しのDrだろう。

でも、予約はとれるのだろうか
半年待ちでなければ良いが、、、、
などと余計な心配をしてしまった。


感動した演目
「性別について」 山内 俊雄 名誉教授 のお話だった。

初めて性転換をしたい人たちの為に日本のガイドラインを作らなければいけない。

各界の医師達が集まり1年間の勉強会をして作り上げた話しである。

性別など考えた事ない、何故私がやるのか?終わってからその意味を悟った名誉教授は

悟りを開いたお顔で、後光が差していた。

「きゃ~~~素敵 内山せんせい~~」



精神科主治医は職場・産業医とどのようにかかわればよいのか
連携をとっている医者などいないだろうと想像しながら聞いていたが、

やはりこれからの課題としてどうかかわるか?と云う話だった。

会社側・労働者側とがどのような事でもめるのか?

弁護士が事例を基に発表していた。


*参考文献の欄に我がHN社長のお名前がありました。

社長・精神科医・産業医(著書多数)

わ~~かっこいいな~~

などと、、、感激しながら

朝から晩までの2日間。

楽しく勉強したのでした。


勉強が仕事に役立つ事を願いながら終了。






S.O





14:49 未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)

令和になって思うこと

2019/05/29
令和になって数日が経ちました。

日常生活、仕事においても元号の令和を書く、入力する機会が
あった方もいると思います。

一方で元号が変わり、何が変わったかというと、ゴールデン
ウィークが10連休で長かった、生前退位のためにややお祭り
ムードだったという印象はありますが、あまり何かが変わった
という実感はありませんでした。

そんな中ふと見たテレビで芸人のカズレーザーさんが、「正直
実感がない。実感がないということが、上皇と陛下の努力、
そして多くの方の努力のたまものだと思う。こういう平和な時代
が続くことを望む。」というようなことを話していました。

それを聞いて、本当にその通りだなと思うと同時に、つい「何か
良いことないかな~」と考えてしまい、日々の当たり前が幸せで
それを支えてくれている周りの人に感謝するという気持ち
を持つことが難しいとも気付きました。

令和になって何かしよう、何か目標を持とうとも考えましたが、
まずは当たり前を当たり前と思わないで周りの人への感謝を
忘れずに日々を過ごせたらと思いました。

皆さんは令和になって何か変わりましたか。

G.M
15:13 未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)

想像してみる。

2019/03/28
新年度が始まって多かれ少なかれ環境の変化があり、
少し疲れを感じている方もいらっしゃるかと思います。

さて、私が何年も手元においている本に
オノ・ヨーコの「グレープフルーツ・ジュース」があります。
ジョン・レノンがこの本に触発されて「イマジン」を生みだしたと言っていた位
インパクトのある本…
日本語に訳された文庫本は、雰囲気ある写真も素敵です。

この本では、たくさんのインストラクション「命令」によって、
想像することが誘われます。

「~しなさい」と言われ、それに従うことは、
実は窮屈な行為であるのですが、
「~を想像しなさい」と言われ、想像すれば想像する程、
その世界に身を置けば置くほど、
心に自由を感じるというこの不思議…。

「想像しなさい、~を」
オノ・ヨーコのような詩的なインストラクションを
私が生み出すのは困難ですが、
逆にその反対の、もっと現実的なインストラクションを
自分に向かってしてみることは時々あります。

ヨーコ風にいうと、
「週末やることを全部放りだしなさい」とか、
「想像しなさい。半年後、どうなっているかを」とか、
「この問題が、いつかこの世から消えてしまう過程を記録しなさい」とか、
そういった想像をしてみるのです。

その時、自分には何が見えて、何を聴いて、何を感じているのか…
五感すべてからとらえていることを具体的に想像していくのです。

時には想像しても、現実の辛い実感がまとわりつき、
げんなりくることもありますが、
「この苦しい状況を一歩抜ける私って…」と、
自由に想像を続けている内に、
「あぁ、この時期になれば、ともかく今のこの仕事は終わっていているんだ…」とか、
「こんな変化を望んでいるんだ」と分かり、
その為に必要な具体的な行動が見えてきたり、
何か心にほっとするものを感じられることも多いです。

最後にこれからの季節にぴったりの、
想像するにも、実際したがってみても良いインストラクションを選んでみました。

来たる大型連休で一息つける人も、そうでない人も、
ちょっと試してみませんか。

「いちばん近い噴水に行きなさい。
水がダンスを踊るのを
見守りなさい」

(HK)
















15:53 未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)
 | HOME | Next »