05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

今日のごはんは?

2009/06/24
長嶋有の小説 「ジャージの二人」 、
主人公と彼の父親との、山荘暮らしが描かれています。

夏、高原の山荘、ジャージでゆるりと過ごす・・・、
なんて羨ましいのでしょう

ところが山荘暮らしの現実はというと、
いろいろと面倒なこともあるようで・・・。 そのひとつが「食事の支度」だとか

正確に言うと、食事を作る行為そのものではなく、
(主人公曰く、作るのは手順通りに行う “作業”のようなもので、それほど苦痛でもないそうです)


それよりも、冷蔵庫などにある食材を上手に使い切って、無駄を出さずに
献立を考える。これが作るよりもはるかにシンドイというのです

たしかに・・・。

今日何食べよう?冷蔵庫にピーマンがあるから
チンジャオロースにしようかなぁとか、あの鶏肉の賞味期限は
今日までだった! じゃあから揚げ?親子丼?

うーん、何かもっと別なものがいいなぁ。
などなど、悩みはエンドレスです

私が子供の頃、献立のネタが尽きてしまった母親が、
給食のメニューを逆から順番に作ってみたことがありました。
でも食材準備が大変だったようで、数回で終わってしまいましたが;;;
昔も今も、そしてこれからも、果てしない悩みは続きます

ところで、「献立を考えようとしてもおっくうでできない、
考えがまとまらない」、 そのような状態が数週間以上続くのも、
「うつ」のサインの一つなのですよ

(by MH)

16:25 生活 | コメント(0) | トラックバック(0)
 | HOME | Next »