07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

夏の疲れが出やすい季節

2009/08/25
今年の夏はなんだか短いような気がしましたが、30度を超える暑い日が続く時もあり、
そろそろ疲れが出てきた時期ではないでしょうか。

疲れを放置しておくと、大きな病気につながります。
早目にケアをして、元気にさわやかな秋をむかえましょう。

<まずは休みましょう>疲労には、休息をとるのが鉄則。
最近は朝晩涼しく睡眠もとりやすくなってきていますので、ゆっくり寝て疲れをとりましょう。
また、お休みの日に活動的に過ごすことは、気持ちのリフレッシュのために大切ですが、
活動しすぎると疲れがたまったまま、翌週を迎えてしまうかもしれません。
たまには、ゆっくり休む日を作るのも、疲労対策には大切です。

<自然療法>
☆アロマテラピー
自然のアロマオイルの香り成分によって、心身のバランスを整えます。
キャリアオイルに数滴加えて、足や手などをマッサージすることで全身の循環がよくなり、疲労物質の停滞を改善します。
ぬるめのお風呂に数滴入れて、ゆっくりとつかるのも効果的。
シャワーだけではとれない疲れが、じわじわとれていきますよ。

<適度な運動>
夏は以外にも代謝が落ちている時期です。
特に、冷房のきいた部屋で過ごすことが多い方は、おそらく代謝が落ちて、老廃物がたまっていると思われます。
それが疲労につながります。
ウォーキングなどで適度に汗をかくことは大切。涼しい時間帯にいかがでしょうか?
また、ヨガやストレッチをすることで、疲れがたまりにくくなります。

<食事>ビタミンやミネラルなどの微量栄養素がわずかに不足しただけでも、活力は減退します。
栄養のあるバランスのとれた食事を心がけましょう。
砂糖、カフェイン、アルコールの取りすぎはエネルギーの消耗につながりますので気をつけましょう。

<お肌のために>女性は気になるところだと思いますが、夏は紫外線や汗や冷房などで、お肌への負担が大きい時期です。
湿度は高いのですが、日焼けや冷房などによる乾燥がじわじわとお肌を疲れさせています。
この時期から、保湿を心がけることで、これからくる乾燥した季節におこりやすいお肌のトラブルを予防できますので、水分補給を内から外からするよう心がけてください。
お肌の話というと、美容情報という印象がありますが、皮膚は外部の影響から体を守るものであり、
皮膚の健康は体の健康とも関係します。

最近はちょっと秋を感じるさわやかな日が続いていますね。
その日の疲れを残さないちょっとした工夫で、気持ち良い毎日を送りましょう

(by YF)
13:23 健康 | コメント(0) | トラックバック(0)
 | HOME | Next »