06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月

不思議の国の…

2010/07/28

暑いですね。

私は一足お先に夏休みをいただき、
ロシアのサンクトペテルブルグ+キジ島に行ってきました

何故ロシア?
私は海外旅行で、その国々の不思議に触れることが大好きなので、
まずは白夜という不思議、
そして、キジ島にある玉ねぎロシア正教の木造教会群~
プレオブラジェンスカヤ教会の
釘を一本も使っていないという不思議に触れたくて、
遠路はるばる飛んでしまいました。

そして、ロシア、サンクト…思った以上に不思議の国で大満足でした。

行ってみて改めて思った不思議の数々は

①キリル文字…なんで敢えて、英語のNの発音はHの表記なの?
       英語のRとかL(エル)の発音はPとかЛの表記なの?
       英語のAとか、BとかKとかMの発音の表記は、同じなのに…何故?

②なぜ、レストランやお店の店員さんはみんな笑わないの?
  (日本人だからではなく、対ロシア人に対しても)
 対応は意外と親切なのに、街中の人は笑っているのに…何故?

③なぜ、レストランやカフェに流しの歌手みたいなのが来るの?
 なぜ、みんなで結局踊るの?
 (時には、さっきまで無言でビールだしていたお店の人まで…)

④何故、ロシアでのお寿司や日本風は、
 HOT!(わさびより唐辛子の味付け)になったの?

⑤何故、普通にキオスクでビールが売っているの?
 何故、缶ビールは500ml以上しかないの?

⑥何故、ロシア正教の礼拝では、
 牧師さんが祭壇の奥に入ったり出たり忙しいの?
 何故十字はきるけど、手は合わせないの?
 神様とお話しするタイミングはどのタイミングなの?
 (このお祈りの仕方が難しかった

⑦何故、みんな、日傘も帽子もなしで、
 その紫外線に耐えられるの?
 夏になっても、毛皮のコートとサンドレス、
 サンダルとブーツが一緒に売っているお店が不思議…

その他にロシア人カップルの人間ウォッチングや、
屋台での値切り交渉のお作法等など、
なかなか奥深く楽しかったです。

私が感じた何故?や不思議の数々の背景には、
ロシアの持つ気候や、民族的歴史的成り立ち、
文化が関係していることでしょう。
旅行しながら、その答えを知っていくことも楽しいです。
そして、「自分の当たり前が当たり前ではない」という状況に
身を置くことは、文化や他者理解について立ち止り、
考えを深めるきっかけになるんだなぁと
しみじみ思いました。

以心伝心、空気を読むのが美徳の国からくると、
この旅行は、確かに不便でめんどくさいことばかりでしたが、
めんどくさい関わりの中から生まれる、
それぞれの違いについての理解には、
コミュニケーションの楽しさのおまけがついていました

これを機に、改めて、
身近な物事や人への不思議や違いにも、素直に優しく気を払い、
人と関わることやその理解を深めていきたいなぁと思いました。

KH







18:50 その他 | コメント(0) | トラックバック(0)
 | HOME | Next »