11月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫01月

今年の1冊

2011/12/28
今年読んで良かったと思う本、
1冊だけ選ぶとすれば私はこれです。

山本兼一著 「利休にたずねよ」


「侘び茶人」として知られる千利休、
でも本当は
「ギラリとした情熱を秘めた人だったのでは?」と疑問を抱いた著者。
単に枯れているのではなく、
“艶やかなる”利休の茶の世界を描きました。

登場人物がこれまたとっても豪華。
豊臣秀吉をはじめ、石田光成、徳川家康、細川忠興、古田織部など
利休をとりまく戦国武将オールスターズが、
各々「彼はこんな人だった」と利休観を語ります。

実はこの小説、
心理学的な読み方も楽しめるのです。
それは、
利休の物語ではなく
武将達自身の物語として読む。
すなわち、武将達は利休のことを語りながらも、
自身のことを語っているという読み方です。

これは心理学で定義される「投映」というもの。
投映とは、己の感情、概念、衝動を
他人が持っているとみなす無意識的な心の動きです。

著者がそこまで意図して書いたどうかは
定かではありませんが、
2通りの楽しみ方ができるこの小説。
ページを開けば、
深く、静かで、けれども熱い情熱を秘めた
利休の茶室へと誘ってくれることでしょう。


(M.H)
20:16 その他 | コメント(0) | トラックバック(0)
 | HOME | Next »