05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

並ぶこと。待つこと。

2012/06/28
みなさんは、行列に並ぶことに抵抗ありませんか?

私は、並ぶことが苦手で、
イベント時の飲食やディズニーランドの行列など、
並ぶしか選択肢がない場合に仕方なく並んだ位しか、
並んで待った記憶はありませんでした。

その私が、自らの選択で、昨日並びました!待ちました!
…3時間です…レバ刺しが売りのホルモン屋さんで、レバ刺しを食べるために…。
そして、ちゃんと待った結果、美味しいレバ刺しにありつくことができました。

我ながら、なんと辛抱強い人間になったと感心しながらも、
「なぜ私が待てたか?」ということについても考えました。

私が今回並んで待てたのは、
レバ刺しがこの先日本で食べられないかもしれない食い意地
(禁止後も、韓国に行けば食べられる!とも思っていますが)と、
待てば「美味しいレバ刺しが、確実に食べられる」という確信が、
あったからだと思いました。

それは「今、レバ刺しを食べる」ことを自分の中で価値あると思い、
待った結果に「あたってお腹こわすかも」や「売り切れて食べられないかも」等の
不安を感じなかったことからともいえるでしょう。

そう、私は、並んでも、
「レバ刺しを食べることを楽しみに出来た」から、
苦もなく待てたんですね。

楽しみに「待つ」…

これまで私が並べなかったのは、
待った先にそれほどの楽しみを見出せかったということなのでしょうか。

また、私は並んでいたとき、自分の中学時代のことを思い出していました。
当時は、携帯もなく、とにかく時間に遅れる友達を、
私は普通に待ち合わせ場所で1時間も2時間も待っていました。
そんなに待てたのは、私はその友達と遊ぶのが好きだったし、
その友達は、どんなに遅れても必ず来る子だったからです。

待つこと、その先の何かを楽しみに思う心は、
何かを信じることと似ているのかもしれません。

                         (HK)






19:17 未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)
 | HOME | Next »