06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月

バイオダイナミック

2012/07/23
前回のブログ「大潮小潮」でふれていたように、
日々の空や海の移り変わりなど当たり前だと感じている出来事を、
「宇宙規模で地球の自然が成り立っている」という視点から見つめてみると、
大きなサイクルの繋がりの中で生きているだ!といった
なんだかありがたい感覚が生まれてきますね。

さて今回のタイトルは「バイオダイナミックス」です。
おそらくワイン通の方は耳されたことがあると思います。

古代ギリシャ、ローマの時代から植物の成長には月の満ち引きなどの天体のリズムが影響していると伝えられてきました。
この月の満ち引きなどの天体のリズムを利用して作物を育てる農法をバイオダイナミック農法と呼んでいます。

最近はワインのブドウや化粧品やサプリメントなどに使うハーブがこの農法により育てられています。

種まきは植物の上昇しやすい新月から満月に、
夏季の剪定は満月の数日前から新月に行うと植物のダメージが少なくて済みます。
また果実の収穫は月が満ちる時に行ないます。

簡単に説明してしまいましたが、
天体の動き(太陽、月、惑星と地球の位置関係)が生物、土壌、気象に与える影響を重視して、
それに合わせて、種まき、苗植え、耕うん、収穫などの時期を選択します。

植物と気象との関係は当たり前のように気にして育てますが、
もっともっと大きく考えると天体、宇宙との繋がりに行きつくのでしょう。

バイオダイナミックス農法は昔から迷信のごとく伝わってきた星の運行による農事暦の知恵を
体系立てた農法なのです。

昔の人はもっともっと宇宙のリズムを意識して生活していたんですね。

(Y.Y)


11:45 未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)
 | HOME | Next »