10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

オレンジリボン

2012/11/21
最近はいろいろな色のリボンキャンペーンがありますね。
身近なところでは乳がん予防のピンクリボンキャンペーンが有名でしょうか。
私はつい先日、オレンジリボンキャンペーンというものがあることを知りました。
これは子ども虐待防止のキャンペーンです。

これを知ったきっかけは、通勤途中の電車内のモニターで流れているCMでした。
初めてこのCMを見た時にはあまりに痛々しくて、胸が締め付けられるような感覚におそわれました。

どんなCMかというと・・・
両親と思われる女性と男性の間に腹話術のお人形の女の子が座っています。
足にはアザがあり、包帯もしています。それでも「ママもパパも優しいよ」「幸せだよ」と言ってアザを隠そうとします。
CMは「心の声に気付いてください」と呼びかけて、人間の女の子に戻ったその子は「もう大丈夫」と微笑むというものです。
(かながわオレンジリボンキャンペーン:神奈川県子ども虐待防止啓発運動)

子どもは自分を虐待する親であっても、親から見捨てられないように必死に親についていったり、親をかばったりして自分を愛してもらおうとするところがあるのだと言われています。
自分からSOSを出すことのできない子どもに代わって地域の人々が子どもの安全を守るために声をあげていってほしいというのがこのキャンペーンのねらいなのだと思います。

虐待は犯罪です。決して許される行為ではありません。
しかし、虐待をする親も何らかの悩みや問題を抱えていて実はサポートを必要としている存在なのかもしれないという視点も重要だと私は考えています。

子育てって楽しいこともたくさんあるのだけれど、体力的にも精神的にもつらくなってしまう時があるんですよね。
私も可愛いわが子に思わず手をあげたくなってしまう時があります。
でもあげないでいられているのは、育児中の私をサポートしてくれる家族・友人・仲間・職場・地域の存在があるからだと思います。
虐待の事件が報道されると、子どもを持つ友人たちはみな「他人事とは思えない」と口をそろえて言います。

毎年11月は虐待防止月間なのだそうです。
虐待で苦しんでいるかもしれない子どもと大人たち、そして虐待はしていないけど育児を頑張っている全ての人に「育児、頑張ってるね」「大変だよね」「何かあれば言ってね」というメッセージを投げかけていきたいと思います。

かながわオレンジリボンキャンペーンHP(上述のCMも見られます)
http://www.pref.kanagawa.jp/osirase/1395/orc/index.html

(N.K.)
15:21 未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)
 | HOME | Next »