05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

山登りで知った「発見!」

2013/06/27
私の好きなことは、歩くことなので、
ここ数年、春から秋にかけて、
山登り によく出かけます。

山を登ることで、
自然そのものから感じることも
いろいろありますが、
一番よく感じることは、
身体についての感覚です。

そして、最近おもしろいなぁと思った「発見!」は、
「お腹が空くと、力が出ず、いらいらする」ということです。

山登りの時は朝が早く、
お昼時までにお腹が空くことが多いのですが、
「休みやすい場所や山頂につくまで」と
おあずけのまま、歩くことが普通だったりするのです。

しかし、ある日そのおあずけに耐えられず、
歩きながらお菓子を口にしたら、
あら不思議!!
空腹がおさまると同時に、
なんだか快適に足が動いてくることに気づいたのでした。

当たり前といえば当たり前なのですが、
私にとって「目から鱗が落ちる」発見で、
それから山登りしながら、
その発見がどれ程言いえているのかと、
空腹とお菓子を食べることの変化に注意を向け続けました。

すると「空腹がおさまると元気になる」こと以外に、
「空腹がおさまると気持ちも和やかになる」という変化にも気づきました。

よく赤ちゃんがぐずっていると、
「お腹空いたのね。おっぱいなのね。」と
母親が話しかけたりします。
私は大人には関係ないことだと思っていましたが、
大人も例外ではないんですね。

そして、職業柄、
いらいらしたり、
心に元気がなかったりする時、
ストレス因に目星をつける習慣がありますが、
意外にも、私にとってそのストレスは、
シンプルに「空腹」という身体的要因も選択肢にあることが示されたのです。

ストレスというと、人間関係だとか、
考え方の問題だとかに焦点が集まりやすいですが、
生きている身体を考えると、
睡眠とか食欲とか、肉体的疲れとか、
身体的要因は軽視できないなぁと改めて思いました。

みなさんも自分に合った方法で
身体の声に耳を傾けて、
自分に役立つ、「発見!」してみませんか?

(HK)

20:43 未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)
 | HOME | Next »