06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月

The guest house

2016/07/15
カウンセリングでは、問題を整理したり
問題自体の解決策を一緒に検討したりします。
また、問題が解消しにくいものなら
新しい考え方や付き合い方を見に付けることもあります。

でも、これらのどれも不可能な状況や
問題を抱えている方のコンディションがあるのも事実です。
そんなときの付き合い方として
良いものにも悪いものにも、自分のなかに居場所を用意するという方法があります。
Jalaluddin Rumiという人の詩にそのエッセンスが入っていますので
興味があれば読んでみてください。
英語の次に、日本語をのせます。

The guest house

This being human is a guest house.
Every morning a new arrival.

A joy, a depression, a meanness,
some momentary awareness comes
As an unexpected visitor.

Welcome and entertain them all!
Even if they're a crowd of sorrows,
who violently sweep your house
empty of its furniture,
still treat each guest honorably.
He may be clearing you out
for some new delight.

The dark thought, the shame, the malice,
meet them at the door laughing,
and invite them in.

Be grateful for whoever comes,
because each has been sent
as a guide from beyond.


ゲストハウス

人間であることは、ゲストハウスであること.
毎朝新しいお客が到着する.

喜び、憂鬱、意地悪な気持ち、
そのときどきの気づきが、思いがけないお客としてやってくる.

それらすべてを歓迎し、もてなしをしよう!
たとえそれが悲しみの集団で、荒々しく家中の家具を持ち去って
空っぽにしてしまったとしても、どのお客にも敬意を持って接しよう.
それは新たな喜びを迎え入れるために、
あなたを空っぽにしてくれているのかもしれない.

暗い気持ち、恥ずかしさ、悪意も、
玄関で笑いながら出迎えて招き入れよう.

訪れるものすべてに感謝しよう.
なぜなら、どれもがはるか彼方から、
あなたの人生のガイドとして送られてきたものなのだから.

MM
12:31 メンタルヘルス | コメント(0) | トラックバック(0)
 | HOME |