FC2ブログ
01月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728≫03月

芸術鑑賞が処方せんに

2019/02/25
カナダでは2018年11月から治療の一環として
美術館での芸術鑑賞が処方できる試みが始まったそうです。
医師の判断で美術館での芸術鑑賞を50回処方できるとか。
芸術を鑑賞することでストレスホルモンのコルチゾールが
減少することが判明したのが、その理由だそうです。
たしかに、ゆったりとした空間の美術館で
彫刻や絵画を見ていると気持ちがおだやかになりますよね。

ずいぶん前のことになりますが
たまたま美術館の近くで仕事が終わったので
企画内容も確認せずに美術館に入ったことがありました。
平日の夕方ということもあり、中はとてもすいていました。
そこで私は一枚の絵に目が釘づけになりました。
それは波が白い泡を立てながらぐるぐると渦を巻いている絵でした。
深みのある緑色の波のグラデーションがなんとも美しい上に
本当に目の前で渦が巻いているかのような躍動感がありました。
私はその絵に心動かされ、じっと見入っていました。
それは奥村土牛という画家の『鳴門』という作品でした。
帰りにその絵葉書を一枚買い求めたのですが
本物のあの美しい緑色とはまったく別物で
とてもがっかりとしたのを今でも覚えています。
実物に触れないと感じられないエネルギーがあるのです。
人との出会いもすばらしいものですが
芸術作品との出会いもまたすばらしいものです。

ようやく寒さも薄れて暖かくなってきました。
たまには美術館に出かけてみるのはいかがでしょう。
心ふるえる新しい出会いがあるかもしれませんよ。
M.M.
15:11 メンタルヘルス | コメント(0) | トラックバック(0)
 | HOME | Next »