FC2ブログ
07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

春の季語に「怒」と「風」?

2018/03/29
今年は記録的速さで各地の桜が満開になっているそうです。
私たちのオフィスからほど近い公園では今週がピーク!モコモコ、みっしりと花が咲いていて、のんびり花を眺めるのも、写真を撮るのも、お弁当を食べるのも気持ちのよい季節になりました。

20180328-320180328-120180328-220180328-4


その一方で、花粉や霞でなんとなくむずむずしたり、落ち着かずイライラしたりソワソワしたりとどこか不安を感じるような気持ちになることもあり、春は新しいことが始まる、楽しくてワクワクする、ことばかりじゃないんだなあと思ったりもしています。

こういう気持ちになる理由があるのか少し調べてみると、東洋医学の考え方のひとつにある「五行説」に倣う記事を見つけました。

「五行説」とは、この世の森羅万象を5つに分類するというもので、「木・火・土・金・水」の5つを基本要素に、臓器や感情、季節、気候、色、味など、あらゆるものを5つに分類し、属性が同じものは互いに強く影響し合っているという考えで、春は「木」に属し、同じ分類の中に並ぶものには、「肝」、「怒」、「風」、「筋」というものがありました。

なんと、春と同じ分類に「怒」や「風」があるのですね。

確かに、季節の変わり目や急な気温の変化、環境の変化によって内蔵系が影響をうけてしまうことはあります。
そうなると、落ち込んだりイライラしたり(怒りの感情ですね)、さらには変化や落ち着かず不安になるのは常に移動し流れている「風」の性質とも似ています。風は穏やかで気持ちの良いときもありますが、嵐のように激しさを伴うこともあるので、そんな性質を考えると、まさに風は春なのかもしれません。

普段何気なく感じている気持ちの浮き沈みや感情の流れが東洋医学の考え方に通じている、新しい発見がありました。

春らしい香りや食べ物に触れながら、楽しい春を感じられるようになりたいですね。

(参考記事:2018/3/28 ウェザーニュースより)

MK
10:00 メンタルヘルス | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示