FC2ブログ
09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

「我が家の猫たち」

2018/09/18
3匹の猫とともに生活をしている

共に人生を生きぬいている老猫「強気のチョピちゃん」
20年前、大学教授の家から2匹頂いてきた1匹である。
1匹だけの予定だったが、その大きなお庭・大きなお家には10数匹の猫と1匹の大きな犬がいた。
知らないうちに6匹の猫が生まれたとの事。一人2匹貰ってください。と決められていた(知らなかった~~)
真っ白な猫「ゆきちゃん」と「チョピちゃん」を頂き、かごに入れ我が家に運んできた。
その直後に大学教授宅から持参金?【猫の餌からトイレグッズ一式等】が山ほど届けられた。

そして12年が経ち、太めの「ユキちゃん」は我が娘の結婚式が終わると同時に息を引き取った。
「ユキちゃん」は我が娘を死ぬほど愛していた。そして私はユキちゃんに死ぬほど嫌われていた。
そんな私の腕の中で息を引き取った「ユキちゃん」。
「チョピちゃん」は「ギャ^===」と聞いたことのない雄叫びを一声上げ固まった。
すごーく仲の良い姉妹でもなかったのだが、、、、
そして「チョピちゃん」はうつ病になった。
「ゆきちゃん」のにおいが残っている場所に座ったままうつむいて動かなくなる。
病院へ行ったが薬が出るわけでもなかった。獣医の説教のみ。保険適応なし。

近所の人から「小さい猫を貰って預けると良いよ」とアドバイスがあり、インターネット(猫掲載)で探した。
「貰ってください子猫」を見に行った。私が気にいっていた子猫「テケちゃん」をもらう事になっていた。
その家には子猫が3匹いた。
一緒に同行した娘がどちらかの猫が死んで又鬱になった時の予備に、2匹貰おうと言い出した。
結局2匹頂いてきた。「テケちゃん」と「アポロ」【猫の名前はすべて娘が命名・そしてすべて雌猫・男子禁制】

「アポロ」は幼少期「チョピちゃん」にいじめられた。「テケちゃん」は2匹の猫の間で苦しんだ。
気を使い「チョピちゃん」にスリスリして舐めてもらっている。
そして「テケちゃん」の自傷行為が始まった。首・耳を掻きむしり、血がにじんでいる。
舐め過ぎた手・足には円形脱毛が赤くはれあがっている。
その後「アポロ」は大きくなり「チョピちゃん」に仕返しをするようになった。
もちろん注意するが上手く逃げる「アポロ」。
そして「テケちゃん」は2匹の間で心は揺れ動きストレスが過食になっている。

カウンセラーが付いていながら上手くいかない。
そしてついに「チョピちゃん」が介護生活に入り、老猫を見つめる二匹の猫のこころは?
これからの猫達の行く末はどうなるのでしょうか? 

さてさて、社会で生きる事の大変さ、ストレスは猫社会も同じでした。
ただし人間は考える脳がありますので、ストレスに早めに気付きコントロールしていく事が重要である。

S.O


13:12 その他 | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示