FC2ブログ
11月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫01月

座りっぱなしのリスク

2019/09/14
ここ数ヵ月、背中に痛みがあり、気になっていました。
ひどい肩こりが下がってきたような感じです。

立っていても、座っていても、何をしていても痛みがあります。
ストレッチをしたら良いかもしれない、とストレッチをしてみましたが、あまり効果はありません。

友人に話したところ「ずっと座ってばっかりいるからだよ。座りっぱなしって危ないらしいよ」
と言われました。

「確かに・・・」そう思いながら、1日の自分自身の行動を振り返ってみました。

普段は全く気にもしていませんでしたが、通勤時間以外はほとんど座ったままです。
1日の座っている時間を数えてみたところ、10時間以上は座りっぱなしであることに、
我ながら愕然としました。


オーストラリアの研究機関によると、1日に座っている時間が4時間未満の人に比べ、
8〜11時間の人の死亡リスクは15%増になるという報告があります。

人の身体の筋肉の中で約7割を占める足の筋肉を動かさないことで、血流が滞り、
代謝機能が低下することによるそうです。
それが積み重なると、糖尿病、高血圧、脳梗塞、心疾患、がん、更には認知症など
あらゆる病の引き金となるらしいのです。

また、1日12時間以上座っている人は、6時間未満の人と比べて抑うつや心理的ストレスを
抱えやすいとのことです。

今や座りっぱなしは、タバコやアルコールより危険だとさえ言われているようです。


対策として一番簡単にできることは、とにかく座りっぱなしにならないように、
一定時間ごとに立ちあがり、数分でも良いので歩くなどして身体を動かすことだそうです。

毎日の生活の中で何気なく当たり前のようにしていることが、
実はものすごく健康リスクのあることだったというのは本当に恐ろしいことです。

できるだけ座りっぱなしにならないよう、意識的に日々行動していくことが必要だと
痛感しました。

まずは実行可能なことから始めようと、「電車に乗ったら座らずに立つ」ということを
習慣にしようと思っています。

T.Y
11:18 生活 | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示