FC2ブログ
11月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫01月

香りと向き合う時間

2019/09/26
先日、友人に誘われて、オーデコロンを作るワークショップに参加してきました。

ワークショップでは、複数の香料のなかから気に入ったものをいくつか選び、配分を決めて混ぜ合わせていきました。ベルガモット、アッサムティー、リナロール、白檀など、気に入った香料をひとつずつ混ぜていくと、予想に近い香りができることもあり、意外な香りになることもありで、面白い体験でした。こんなにも嗅覚をフル活用して香りを楽しむことは日常生活の中ではありませんでした。

不思議だったのは、香りがきっかけになり次々とイメージが呼び起されていったことです。夏の青空の下ひまわりが咲き誇る畑のなかの小道を歩いていく情景とか、人里離れたところにあるさびしげな修道院とか、囲炉裏のある薄暗い庵の中に自分が座っていて、外から猿や鹿がそっと窺っているような光景とか。

後で調べたところ、嗅覚というのは大脳辺縁系と関連しており、辺縁系には「海馬」と呼ばれる記憶をつかさどる中枢があるそうです。ひょっとしたら、香りによって自分の過去の記憶の断片が引き出されたのかもしれません。

このワークショップに参加した後、心が楽になりリラックスできたのですが、ある研究によると「良い香りをかぐと呼吸が深くゆっくりとなり、逆に不快な香りをかぐと早く浅い呼吸になる。しかもその反応は無意識に起こる」ということが分かっているそうです。不安やストレスにさらされると呼吸が浅く早くなりがちです。しかしそんなとき、良い香りをかいで呼吸を整えることができれば、徐々に気持ちが落ち着いていくかもしれません。

オーデコロン作りは個人で行うには難しいかもしれませんが、最近はアロマオイルも手に入りやすくなり、自分にとって居心地の良い香りの環境を作ることは容易になってきていると思います。

みなさんもぜひ、香りと向き合う時間を作ってみてはいかがでしょうか。いろいろな発見があるかもしれません。

H.K
13:19 生活 | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示