09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

手が届きそうな目標

2010/10/04
朝晩はだいぶ涼しくなり、秋の気配を感じるとホッとしますね

先日、友人が出場しているカバディの大会があり、観戦に行ってきました。
カバディ、ご存知ですか?
「カバディ、カバディ、カバディ・・・」と言いながらする、あのスポーツです。

以前から何度も友人やそのチームの方々ほぼ全員に私が繰り返し尋ねているのは、
「なんでカバディをやろうと思ったの?」という質問です。
世界中には様々なスポーツがあるけれど、普通に生活をしていてなかなかカバディをやろう、とは思いませんから。

「なんでカバディ?」という私の質問への答えはほとんど皆さん同じ。
口をそろえて言います。
『競技人口が少ないから、今からでも頑張れば自分も全日本代表の選手になれそうだから!』と。
最初は、「ふ~ん。」と思って聞いていた彼らの答えですが、最近思うことがあります。
確かに、ワールドカップやWBCの代表選手を本気で目指して、社会人の今からサッカーや野球を始める人はまずいないと思います。
諦めが先に立ち、練習する意欲も出そうにありません。

でも、友人たちは、平日の仕事後やせっかくの休日に毎週のように集まって練習をしたり、自主練で身体を鍛えているようです。
そんな彼らのそのエネルギーというか、やる気や意欲、がんばりには驚かされます。
カバディなら自分も・・・という目標をもっているからでしょうか。

もしかしたら私たちが仕事で目標を立てるときにも同じことが言えるかもしれませんね。
いきなりワールドカップやWBCなんて目標を立ててしまったら途方にくれてしまいそうです。
頑張ったら手が届きそうな、達成できそうな目標であったら、そこに向かって努力できそうな気がします。
カバディのような目標だったら。

ブログをご覧になっている皆さまの目標はいかがでしょうか。

ちなみに、カバディはなかなか面白いスポーツだと思います!
想像以上に奥が深く迫力があります。
機会があれば是非試合などを見てみてください

(T.Y)

10:03 生活 | コメント(2) | トラックバック(0)
コメント
No title
カバディプレイヤーの者です。
自分はまだまだの選手ですが、競技に取り組む姿勢をご理解頂き、大変嬉しく思いました。

自分の場合は、初めてやったときにサッカーや野球と比べても遜色ないくらい面白いと感じました。
ただ、その時に草サッカーをかなり熱心にやっていたのに、カバディに転向したのは、「上を目指せるから」という理由が大きかったです。
No title
>ユナイテッドアールズ堀 様
プレイヤーの方からコメントいただき、大変嬉しく思います。

少しずつでも「上を目指せる」という気持ちを保つことは、充実した毎日を送るためにはとても大切だと実感しております。

先を見過ぎて、とうてい到達しそうもないとあきらめてしまう前に、目標設定の見直しをしたり、堀様のように目標をシフトすることが出来ることは素晴らしい事だと思います。

そのように頑張っている方がいらっしゃると、私も頑張ろうというパワーがまた復活します。
コメントありがとうございました。

管理者のみに表示